Human Care こころのふれあいを大切に、いのちのぬくもり、まもりたい。
HOME > 採用情報

人工透析センター
看護部から
CCAC(コミュニティケア アクセスセンター)
すみれ通信
すみれ訪問看護ステーション
すみれ保育園
日本医療 機能評価機構 認定病院

採用情報

 研修医 募集

本院は昭和31年に宝塚市内で初めての病院として開設しました。地域の中核病院として救急受け入れを行い、循環器疾患、特に急性心筋梗塞等の2、3次救急にも対応しております。 平成6年からは関西医大内科から3年目の研修医を受け入れ、内科一般の臨床研修を行っております。3年間に一般内科医としての能力の向上を目指して研修を行って参りました。今回、一般公募として卒後3年目以降の内科シニアレジデント(後期臨床研修医)を募集します。

当院の特徴

・ 幅広い一般内科の臨床知識を得る事を第一とし、内科全般の医療を一人で行える能力を身につけることを目指します。

・ 認定専門医を取得可能とする経験と臨床を積んで行きたいと思います。

・ 内科は循環器疾患、腎不全患者、呼吸器疾患が多数を占めます。

・ 循環器疾患としては、年間250例余りのPCIを施行しており、カテーテル検査も研修の内容に加わっております。又、RI検査、64列CTなどによる非観血的な循環器検査を行っており、これらを使っての臨床研究も行っております。

・ 腎不全に関しては、39床の透析ベッドを有し、年間20例程度の透析導入を行っております。

・ 他院からの血液透析に関連した血管病患者(シャント不全、ASO、虚血性心疾患)の受け入れを積極的に行い、シャントPTA(年間約300例)、下肢のPTA(年間約30例)、血管外科による下肢血管のバイパス手術(年間数例)、シャント手術(年間約100例)、そしてPCI(年間100例余り)を行っております。

・ 内科専門医,循環器専門医、透析指導医である医師を筆頭に、10年目以上の指導医3名を中心として指導、研究を行っております。

・ 英文論文も、年に最低一編書く事をこの3年間に目指しております。

内科シニアレジデント(後期臨床研修医)募集

応募資格 医師免許取得後、2年の初期研修を終了した者
または平成24年取得見込みの者
研修期間 平成24年4月1日から原則として3年間(1年及び2年も可)
※研修期間中の身分:正規職員として採用。給与、社会保険等は同じ
給与 卒後3年目で年間予想額1200万円以上(諸手当等を含む)
卒後4年目で年間予想額1300万円以上(諸手当等を含む)
研修終了後 更なる専門医としての向上を目指し、希望により大学医局への入局が可能。循環器専門医,透析指導医を目指す事、又、同分野への研究へ進む事も可能です。
公募連絡先 TEL:0797-71-3111(代)
E-mail: humancare@takarazuka-hospital.com
事務所 清水俊雄 迄

採用情報のページへ戻る