宝塚病院看護部

宝塚病院TOPページへお問い合わせ

先輩紹介

新人看護師 I.A 3F病棟

温かい病院の雰囲気と姿勢に惹かれて入職

大規模の病院だと一人ひとりの患者さんと深く関わることがむずかしいイメージがあり、アットホームで地域に密着した当院に魅力を感じて入職を希望しました。見学会に参加して、病院の雰囲気や患者さんとの関わり方を見せていただき、「ここなら自分が目指す看護師になれる」と感じました。実際に印象通りの職場で、毎日がとても楽しく充実しています。うまくケアができずに落ち込むこともありますが、そんな時も先輩方が「なぜ、そうなったのか」「どうすれば克服できるのか」を指導してくださるので、しっかり身につき、がんばろうという気持ちになれるんです。

2年目看護師 M.Y 2F病棟

1年間経験を積み、看護への関心がアップ

実習で患者さんが回復されていく過程をサポートすることに魅力を感じて、外科での看護を希望しました。手術を受ける患者さんへの術前術後のケアがこの病棟の大きな特色で、手術の説明や準備、処置だけでなく、不安を感じておられる患者さんの精神面のケアが求められます。1年目は思うようにできず、先輩について指導していただきながら、患者さんとの関わり方を学びました。2年目になって、以前より自信を持ってケアできるようになったと感じています。そして、さまざまな研修を受けることで看護に対する関心が高まっています。

3~5年目看護師 Y.Y 2F病棟

”笑顔のコミュニケーション”を大切に

病棟の特色は、整形・外科に留まらず心肺停止状態の方など、さまざまな疾患・年齢の患者さんのケアと処置を行うことです。幅広い知識が求められ、実践面でも看護の基礎技術はもちろん、年齢や性別、状態に応じた配慮が大切です。日々の看護で大切にしているのは”笑顔のコミュニケーション”です。患者さんやご家族と信頼関係を築くことで、担当の看護師が一人の患者さんを重点的に看る、プライマリーナーシングを充実させることができると考えています。今後も研修に参加してスキルアップに励み、信頼される看護師を目指したいと思います。

ママさんナース A.Y 外来

ママナースだからこそ育児も仕事もがんばれる

子どもができて、看護部の育児支援が充実していることを実感しています。産休・育休・看護休暇を利用し、現在は院内保育所にお世話になっています。送り迎えの負担がないこともありがたいですし、何かあった時も、すぐに様子を見に行けるので安心です。また、カレンダー通りの勤務ができる外来に配属していただき、スムーズに仕事に慣れるようサボートしていただきました。大変な時もありますが、先輩方が親身になって相談にのってくださるので心強いです。仕事をしているからこそ子どもとの時間を大切にしようと思えることも、ママナースになって良かったと感じる点です。

男性看護師 S.M 4F病棟

初心を忘れず、自分の目指す看護に向かって

学生時代の先生から、「患者さんの声にならない声を聞くことができる看護師になってほしい」という言葉をいただき、今も大切にしています。内科病棟には寝たきりの患者さんや認知症の患者さんが多く、患者さんの希望やこれまでの生活に添った看護を行うためには、ご家族とのコミュニケーションが重要です。また、聞き取りだけでなく、治療や経過について分かりやすく説明するよう心がけています。分からないことがある場合は先輩に相談して、間違いがないようにしています。今後は、透析の看護に関する知識と技術を高めたいと考えています。

ページトップへ